メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治安機関襲撃、42人死亡 武装勢力が関与主張

 内戦下のシリア中部ホムスで25日、軍や治安機関の拠点が武装集団に襲撃され、在英の民間組織「シリア人権観測所」によると、治安機関幹部ら少なくとも42人が死亡した。国際テロ組織アルカイダから分離した武装勢力「シリア解放機構」が襲撃への関与を主張する声明を出した。国営メディアも「2カ所の治安施設でテロリストが自爆し、32人が死亡、24人が負傷した」と報じた。【カイロ】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
    2. 衆院選 午後2時現在の投票率21.83% 前回下回る
    3. 淫行 容疑で都立高英語助手を逮捕 6年前類似事件、都教委「把握せず」
    4. 衆院選 午後4時現在の投票率26.30% 前回下回る
    5. 特集ワイド 衆院選 投票すべきか迷うあなたに 棄権は危険 「抗議の白票」は逆効果

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]