メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

治安機関襲撃、42人死亡 武装勢力が関与主張

 内戦下のシリア中部ホムスで25日、軍や治安機関の拠点が武装集団に襲撃され、在英の民間組織「シリア人権観測所」によると、治安機関幹部ら少なくとも42人が死亡した。国際テロ組織アルカイダから分離した武装勢力「シリア解放機構」が襲撃への関与を主張する声明を出した。国営メディアも「2カ所の治安施設でテロリストが自爆し、32人が死亡、24人が負傷した」と報じた。【カイロ】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    3. 北朝鮮 正恩氏写真掲載新聞で靴包み拘束か 死亡米大学生
    4. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    5. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]