メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふじのくに通信

球児を支える /静岡

 専門店でジョギングシューズを購入した際、足の大きさや形、フォームをチェックしてもらった。「O脚で、ドタバタと走っている。痛みが絶えなかったでしょう」と指摘された。その通りだった。フルマラソン(42・195キロ)など長距離を走り、体のケアや練習方法は気にしていたが、専門家不在の自己流だった。

 まもなくセンバツが開幕し、静岡高が出場する。どの球児にとっても、疲れを取り、けがを防ぐのは重要な課題だ。

 県理学療法士会は県高野連の依頼を受け、2003年から夏の静岡大会の一部の試合に、07年からは全試合…

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文796文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  3. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 高校ラグビー 札幌山の手、花園切符一番乗り 南北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです