メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

福島2号機 内部調査(その2止) 相次ぐ「想定外」と「課題」 「人の手」が頼みの綱

2号機・格納容器内のレール上で動けなくなった「サソリ型ロボット」=2017年2月16日、国際廃炉研究開発機構提供

 

福島原発、難航する内部調査

 発生から約6年が経過する東京電力福島第1原発事故。2号機では昨年12月から内部調査が始まり、今月までの3カ月間で延べ800人超の作業員らが投入された一方、溶融燃料の所在を特定することはできなかった。東電は1、3号機でも内部調査を実施する方針だが、難航は確実だ。政府と東電は2041~51年の間に作業を終えることを目指しているが、こうした廃炉工程全体にも影響する可能性が出ている。【柳楽未来】

 2号機の格納容器調査は、(1)ロボットの入り口となる穴(直径11・5センチ)を機械で開ける作業(2…

この記事は有料記事です。

残り2084文字(全文2345文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです