メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居残り特打を行った坂本

 練習では右方向への打球が目立っていた坂本(巨人)に、力強く引っ張るスイングが戻ってきた。秋山(西武)は「低く鋭い当たりを」と、1人になるまで居残ってバットを振る。低調ぶりが際だった前日のソフトバンク戦の反省から、打撃陣が試行錯誤に取り組んでいる。

 ソフトバンク戦では菊池(広島)と筒香(DeNA)以外は無安打。代表で「つなぐ打撃」を掲げる坂本は、本来のスタイルとは異なる強引な右打ちでス…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同
  2. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  3. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  4. センバツイメージキャラに井本彩花さん 国民的美少女コンテスト2017年のグランプリ
  5. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです