メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

理事3人を解任 ソフト不正疑惑の対応で

 日本将棋連盟(佐藤康光会長)は27日、臨時棋士総会を開き、将棋ソフトの不正使用疑惑の対応を巡り責任を問われた5人の理事の解任を求める議案を審議。投票の結果、青野照市専務理事(64)ら3理事の解任が決まった。同日付。

 他に解任が決まったのは中川大輔常務理事(48)と片上大輔常務理事(35)。東和男常務理事(61)と佐藤秀司常務理事(49)の解任請求は否決された。後任の補充は未定で、佐藤会長は「残った理事で協議してから発表したい」とした。

 同疑惑では、対応の責任を取り、谷川浩司会長(54)と島朗(あきら)常務理事(54)が1月に辞任を表明。2月6日には佐藤康光会長(47)と井上慶太常務理事(53)が選出され、新執行部が船出した。

 その後も一部の棋士からは、疑惑に対応した理事の解任を求める声が上がり続け、28人の棋士の請求で今回の臨時総会が開かれた。234人の正会員中、216人(委任状を含む)が出席。解任の是非は出席者の過半数の票で決まるという。

 昨年10月に明らかになった将棋ソフト不正使用疑惑は、疑われた三浦弘行九段(43)の出場停止処分に発展。昨年末の第三者調査委員会の報告で三浦九段の疑いは晴れている。【山村英樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. しくじり先生 テレ朝の人気バラエティーが今秋終了 3年の歴史に幕
  2. キーパーソンインタビュー アフリカで少数民族を撮る意味 裸のフォトグラファー・ヨシダナギさん
  3. 飛び降り 女子高生2人、パチンコ店屋上から 親友同士、死亡確認 北海道
  4. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
  5. ツイッター 「人を憎まず」オバマ氏に史上最多「いいね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]