メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「タクシードライバー歌人」が詠む、メガロポリスの夜

車内から流れるネオンを見つめる高山さん。「短歌って精神の浄化作用があってね」=東京都新宿区で20日、小川昌宏撮影

 バックミラーに律義そうな顔がのぞく。高山邦男さん。57歳。彼は深夜の東京を走るタクシードライバーである。そしてぐっとくる短歌を詠む。「ドライバー歌人」に眠らぬメガロポリスはどう映っているのだろう。【鈴木琢磨】

東京のイメージは「不眠症」/「すてきなダメ人間」になれたら

 さっきまで降っていた雨も上がった。夜10時、高山さん運転の個人タクシーでぬれた新青梅街道を練馬から新宿方面へ向かった。紺の制服、丁寧な言葉遣い。タクシーのハンドルを握ってかれこれ四半世紀になる。「なぜかずっと続いていますね。まあ、いろいろあったといえばありましたけど……」

この記事は有料記事です。

残り2386文字(全文2657文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]