メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「タクシードライバー歌人」が詠む、メガロポリスの夜

車内から流れるネオンを見つめる高山さん。「短歌って精神の浄化作用があってね」=東京都新宿区で20日、小川昌宏撮影

 バックミラーに律義そうな顔がのぞく。高山邦男さん。57歳。彼は深夜の東京を走るタクシードライバーである。そしてぐっとくる短歌を詠む。「ドライバー歌人」に眠らぬメガロポリスはどう映っているのだろう。【鈴木琢磨】

東京のイメージは「不眠症」/「すてきなダメ人間」になれたら

 さっきまで降っていた雨も上がった。夜10時、高山さん運転の個人タクシーでぬれた新青梅街道を練馬から新宿方面へ向かった。紺の制服、丁寧な言葉遣い。タクシーのハンドルを握ってかれこれ四半世紀になる。「なぜかずっと続いていますね。まあ、いろいろあったといえばありましたけど……」

この記事は有料記事です。

残り2386文字(全文2657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです