メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代デザイン考

「カッコいい」の正体 「動き」追究したカッサンドル

 「カッコいいデザイン」について考えている。

 きっかけは山中俊治・東京大教授への取材だった。ロボットや家具など多岐にわたるプロダクト、さらにアスリートのための義足をデザインしている。

 山中教授は何度か、義足やそれが躍動する状態を「カッコいい」と表現した。美術、造形分野を取材していると作品を形容する多彩な言葉に出合うが「カッコいい」は意外と聞かない。単純に響くので、口にしづらいのかもしれない。

 だが、次第に分かったのは山中教授の定義が、一般的な「姿・形の良さ」や「行動が潔い様子」と異なること…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 金属探知機ゲート前で待ち伏せか 容疑者の米国籍の夫 東京家裁・妻刺され死亡
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです