メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま子育て事情

/6 風疹予防ワクチンを 妊婦の感染で子供に障害 /和歌山

2016年に香川県であった日本外来小児科学会年次集会で啓発活動をした可児佳代さん=本人提供

 妊婦の風疹感染によって子供に障害が出る「先天性風疹症候群」(CRS)をなくそうと、日本産婦人科医会などが、今年から2月4日を「風疹の日」と定めた。患者やその家族でつくる「風疹をなくそうの会」も、CRSや風疹ワクチンについて情報発信などに取り組む。和歌山市出身で岐阜市在住の同会共同代表、可児佳代さん(63)に活動への思いを聞いた。

 風疹は発熱や全身の発疹を引き起こす感染症。咳やくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染で広がり、春先に流行…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1189文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです