メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

損賠訴訟で原告ら「合憲性説明すべき」 地裁 /長崎

 集団的自衛権の行使を容認した安全保障関連法は憲法違反で精神的な苦痛を受けたとして、県内の被爆者ら118人が国に1人10万円の損害賠償を求めた集団訴訟の第2回口頭弁論が27日、長崎地裁(田中俊行裁判長)であった。集団的自衛権の行使容認を巡る違憲性について国が答弁書で「認否の必要がない」などとしたこと…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
  3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
  4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
  5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]