メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第72回びわ湖毎日マラソン

びわ湖環境ふれあいテント村 自然、パワーの源 イベント多彩に

<2016年の大会>一斉に競技場を出る選手たち=大津市の皇子山陸上競技場で大西岳彦撮影

 早春の琵琶湖畔を駆け抜ける「第72回びわ湖毎日マラソン大会」では、今年も市民団体やボランティアグループの協力で環境キャンペーンが実施される。3月5日の大会当日は午前10時から午後3時半まで、レースの発着点となる皇子山陸上競技場(大津市御陵町)の北側広場に「びわ湖環境ふれあいテント村」を開設する。包装紙などを再利用する「リユース体験」、花の苗や種が無料で配布されるイベントなどがあり、ペットボトルや空き缶などの回収にも取り組む。【田中将隆】

この記事は有料記事です。

残り1964文字(全文2185文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです