メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

町の誇り、3D画像で残せ 町と東北大、保存活動 福島・双葉の壁画、「帰還困難」で管理できず

渦巻き文様や人物、動物が描かれた清戸迫横穴の壁画。東北大の調査チームが3D計測した=福島県双葉町新山で9日(東北大提供)

 福島県双葉町の「帰還困難区域」にある装飾古墳「清戸迫横穴(きよとさくおうけつ)」(7世紀、国史跡)の壁画を記録に残すため、町と東北大が共同で3D画像化に取り組んでいる。東日本を代表する彩色壁画だが、東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域の指定が解除される見通しは立たず、維持・管理が困難になっている。

 古墳は横穴式で第1原発の北西約3キロにある。死者が安置されるドーム型の「玄室(げんしつ)」(奥行き…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文776文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]