メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領批判のメリル・ストリープ 受賞逃すも“拍手の嵐”(スポニチ)

第89回アカデミー賞発表・授賞式(2017年2月26日 米ハリウッド・ドルビーシアター)

 1月に行われたゴールデン・グローブ賞の授賞式でトランプ大統領を批判し、トランプ大統領から「最も過大評価された女優」と反撃されたメリル・ストリープ(67)は「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」で主演女優賞候補として出席。

     司会を務めたコメディアンのジミー・キンメル(49)が「価値はないけど、拍手をしてあげて」と冗談めかすと、観客がスタンディングオベーションで称えるというひと幕があった。ストリープは受賞は逃したが、笑顔で拍手に応えた。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    3. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
    4. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金
    5. 無線LAN 「ただ乗り」は無罪 不正アクセスで懲役8年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]