メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タンチョウ

越冬、17市町村で確認 道2回目分布調査/鳥インフル防止給餌実験を終了 /北海道

鳥インフルエンザの感染防止を図りながら、タンチョウへの給餌実験が行われた=釧路市阿寒町で

越冬、17市町村で確認 道2回目分布調査

 道は28日、国の特別天然記念物タンチョウの2016年度2回目となる越冬分布の調査結果を発表し、越冬範囲は過去最多となる道内17市町村で確認された。越冬数は1236羽で前年度の1320羽から微減したが、6年連続で1000羽台となった。

 調査は1月25日、釧路地方を中心とした23市町村174カ所で実施。成鳥1052羽、幼鳥112羽、不明39羽、飼育個体33羽を確認した。

 地域別の分布割合は釧路92・5%、十勝6%、根室1・1%、日高0・4%で前年より十勝が4ポイント増…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです