メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

犬養万葉記念館(明日香村) 震災越え、心響く「犬養節」 /奈良

犬養孝さんのぬいぐるみの傍らに立つ館長の岡本三千代さん。晩年は車椅子で万葉集ゆかりの地を巡った=奈良県明日香村岡の犬養万葉記念館で、皆木成実撮影

 古典の歌に旋律をつけてうたい、人々を魅了した「犬養節」で知られる万葉学者、犬養孝さん(1907~98年)は今年で生誕110年となる。阪神大震災(95年)被災を乗り越え、車椅子生活になった晩年も全国の万葉ゆかりの地を巡り、「万葉風土学」を提唱し続けた信念の研究者をしのび、明日香村岡の顕彰施設「犬養万葉記念館」を訪ねた。

 記念館は大正時代に建てられた旧南都銀行明日香支店の建物を改装して2000年オープン。黒壁の木造建築…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1301文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]