メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

林えいだいさん=「特攻」の問題と向き合う記録作家

林(はやし)えいだいさん(83)

 「過去を再点検しなければ、同じ過ちを繰り返す」

 公害や炭鉱、植民地支配などを題材にルポルタージュの道を歩んで半世紀近くを経た現在、改めて特攻を題材に執筆する。自身も80歳の手前でがんを患い、治療を受ける身で、残された時間は少ない。

 「あの本と出合ったのが運の尽き」。学生時代に読んだ荒畑寒村の「谷中村滅亡史」。栃木県の足尾銅山鉱毒事件のルポだ。「筑豊の史実を掘り起こす」。早稲田大を中退して郷里の福岡県香春(かわら)町に一旦戻り、北九州市の教育委員会などを経て独立した。

 特攻については、福岡市にあった陸軍の帰還者の収容施設「振武(しんぶ)寮」などに焦点を当て、当時の陸…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです