メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

どうなる、CO2排出費用負担

 地球温暖化対策を進める環境省は、二酸化炭素(CO2)の排出に費用負担を課す「カーボンプライシング(炭素の価格付け)制度」の本格導入に向けた検討を2017年度から始める。温室効果ガスの大幅な排出抑制の「切り札」とされているが、経済界を中心に反対の声も根強い。

 昨年発効した地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」では、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げる。達成するには、11年以降の世界のCO2の累積排出量を1兆トンに抑える必要がある。14年の世界の総排出量は年322億トンで、このままでは40年ごろには超えてしまう。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1056文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです