メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

どうなる、CO2排出費用負担

 地球温暖化対策を進める環境省は、二酸化炭素(CO2)の排出に費用負担を課す「カーボンプライシング(炭素の価格付け)制度」の本格導入に向けた検討を2017年度から始める。温室効果ガスの大幅な排出抑制の「切り札」とされているが、経済界を中心に反対の声も根強い。

 昨年発効した地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」では、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げる。達成するには、11年以降の世界のCO2の累積排出量を1兆トンに抑える必要がある。14年の世界の総排出量は年322億トンで、このままでは40年ごろには超えてしまう。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです