メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

どうなる、CO2排出費用負担

 地球温暖化対策を進める環境省は、二酸化炭素(CO2)の排出に費用負担を課す「カーボンプライシング(炭素の価格付け)制度」の本格導入に向けた検討を2017年度から始める。温室効果ガスの大幅な排出抑制の「切り札」とされているが、経済界を中心に反対の声も根強い。

 昨年発効した地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」では、産業革命前からの世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げる。達成するには、11年以降の世界のCO2の累積排出量を1兆トンに抑える必要がある。14年の世界の総排出量は年322億トンで、このままでは40年ごろには超えてしまう。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです