メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化対策

トランプ政権で変化は 短期的には停滞、議会が抑止力に 国立環境研究所・亀山康子さんに聞く

 地球温暖化に懐疑的とされるトランプ米大統領の誕生で、米国内や世界全体での温暖化対策にどんな影響があるのか。最近、米国などの関係者と意見交換した国立環境研究所の亀山康子社会環境システム研究センター副センター長(国際政治)に聞いた。

 短期的な混乱と、長期的な方向性とを分けて考える必要がある。短期的には米国内の対策が停滞することは否めない。プルイット環境保護局長官は環境規制に否定的で、オバマ前大統領が進めた火力発電所の二酸化炭素(CO2)排出規制策を白紙にするような発言もしている。

 だがそういった流れへの抑制力もある。温暖化に限らず科学を信頼しない政権に科学者が強く反発しており、…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです