メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾2・28事件

追悼式、中央大総長出席 犠牲の先輩悼む

事件の被害者(中央)に名誉回復証書を手渡した蔡英文総統(左)=28日、鈴木玲子撮影

 【台北・鈴木玲子】1947年に国民党政権が台湾の住民を武力弾圧した「2・28事件」から70年の28日、台北市の「二二八記念碑広場」で犠牲者らを追悼する式典が行われ、卒業生の台湾出身者十数人が犠牲になった日本の中央大学の酒井正三郎総長が初めて出席した。酒井総長は「志半ばで悲劇に巻き込まれた先輩方はさぞ無念だったと思う」と哀悼の意を述べた。

 民進党の蔡英文総統は事件とその後も続いた言論弾圧などの真相究明を進める決意を示し、3月1日から政府…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文592文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「前監督、コーチが反則指示」日大選手が謝罪
  5. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]