メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾2・28事件

追悼式、中央大総長出席 犠牲の先輩悼む

事件の被害者(中央)に名誉回復証書を手渡した蔡英文総統(左)=28日、鈴木玲子撮影

 【台北・鈴木玲子】1947年に国民党政権が台湾の住民を武力弾圧した「2・28事件」から70年の28日、台北市の「二二八記念碑広場」で犠牲者らを追悼する式典が行われ、卒業生の台湾出身者十数人が犠牲になった日本の中央大学の酒井正三郎総長が初めて出席した。酒井総長は「志半ばで悲劇に巻き込まれた先輩方はさぞ無念だったと思う」と哀悼の意を述べた。

 民進党の蔡英文総統は事件とその後も続いた言論弾圧などの真相究明を進める決意を示し、3月1日から政府…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです