メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型パナメーラを公開 ハイブリッド車も

報道陣に公開されたポルシェ「パナメーラ ターボ」=東京都中央区銀座で2017年2月28日午後2時57分、米田堅持撮影

 ポルシェ・ジャパンは28日、新型セダン「パナメーラ」を東京都内で報道陣に公開した。

     「パナメーラ」は「911」や「ボクスター」と同様のスポーティーさと共に、4人乗りの4ドアセダンとしての実用性を併せ持った人気モデルで、2009年に発表された初代モデルは全世界で15万台以上販売されている。2代目となる新型モデルは昨年6月に独ベルリンで発表された。

     上位グレードの「パナメーラ ターボ」には4リットルのV型8気筒エンジンを搭載。最高速度は時速306キロ、停止状態から同100キロまで3.8秒で加速する。また、2.9リットルのV型6気筒エンジンとモーターを組み合わせた合計462馬力のハイブリッドモデル「パナメーラ4 E-Hybrid」も発表されている。

     価格は「パナメーラ」の約1132万円から、「パナメーラ ターボ エグゼクティブ」の2540万円まで。予約受注は既に開始しているが、納車時期は未定だという。【米田堅持】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新イオン 豊田にオープン 来月7日・売り場面積1.5倍 /愛知
    2. 韓国 日韓間に新たな火種か 「徴用工に個人請求権」発言
    3. 北朝鮮 「文大統領は落第」機関紙が論評
    4. 慰安婦問題 日韓合意再交渉、安倍首相が否定
    5. 韓国 「スパイ」で服役、在日韓国人無罪 ソウル高裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]