メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小山田古墳 飛鳥最大級の方墳と判明…最高権力者を埋葬

小山田遺跡の方墳石室跡=奈良県明日香村で、大西岳彦撮影

橿考研が発表

 方墳の濠(ほり)とみられる巨大な石溝が見つかった奈良県明日香村の小山田遺跡で、新たに石室への通路跡が見つかったと県立橿原考古学研究所(橿考研)が1日発表した。一辺約70メートルと推測され、飛鳥時代(7世紀)最大級の方墳と確定した。小山田古墳について橿考研は「出土した瓦片などから640年ごろの築造とみられる。当時の最高権力者の墓」と指摘。被葬者は舒明(じょめい)天皇か大臣(おおおみ)の蘇我蝦夷(そがのえみし)に絞られた。

 橿考研は2015年1月、県立明日香養護学校の校舎建て替えに伴い、長さ約48メートル、上部幅約7メートル、底面幅約3.9メートル、残存する深さ約1メートルの石溝を発見したと発表。墳丘の斜面に板石を階段状に積む特異な構造も注目された。石溝は方墳の北辺と考えられ、橿考研は昨年12月から溝の南約60メートルの地点を発掘していた。

 調査の結果、東西に幅約2.6メートルの間隔を空けて、東西約1.5メートル、南北1メートル以上の巨石2個が抜き取られた跡を発見。両石の間には幅約20センチ、深さ約30センチの石組み溝が確認された。二つの巨石は横穴式石室の玄室と外部をつなぐ通路(羨道(せんどう))の両壁の基底石で、溝は通路床下の排水溝とみられる。さらに北に約10メートル離れた場所にも抜き取り跡が見つかり、通路が北に延びていることも分かった。

 通路を方墳の中心軸とし、これまでの調査で推定される北西隅との位置関係から橿考研は一辺約70メートルと判断。推古天皇陵とされる山田高塚古墳(大阪府太子町、長辺約60メートル)、蘇我馬子の墓とされる石舞台古墳(明日香村、一辺約50メートル)を上回った。

 また、古墳の盛り土からは、形式で630年前後と考えられる軒丸瓦の破片が出土。墳丘斜面の階段状の石積み方法は舒明天皇が643年に改葬された段ノ塚古墳(奈良県桜井市)と似ている点と併せ、橿考研は小山田古墳の築造時期を640年ごろに絞り込んだ。石溝を埋めた土中に含まれる土器の年代から古墳は7世紀後半には廃絶したと考えられ、築造から数十年のうちに役割を終えたとみられる。

 橿考研の菅谷文則所長は被葬者について「642年に最初の陵に葬られた舒明天皇が候補」と説明。一方、同時期に天皇に匹敵する強権を誇った蝦夷が642年に築いた墓と考える研究者もいる。

 現場は埋め戻されており、現地説明会はない。【矢追健介】


舒明天皇(593~641年)

 在位は629~641年。蘇我氏との血縁がない敏達(びだつ)天皇を祖父に持ち、推古天皇の後に即位。翌年には最初の遣唐使を送った。639年に百済川のほとりに大宮と大寺を造るよう命じ、宮を移した後に死去。642年に滑谷岡(なめはさまのおか)に葬られ、その翌年、押坂(おしさか)陵に改葬された。改葬墓は段ノ塚古墳(奈良県桜井市)と考えられている。

蘇我蝦夷(?~645年)

 蘇我馬子の子。父の死後、推古、舒明、皇極天皇の時代の大臣となった。日本書紀によると、生前の642年に子の入鹿との「双墓(ならびばか)」を造って自らの墓を大陵と称し、入鹿に紫冠を授けて大臣に擬すなど権勢を振るった。645年の乙巳(いっし)の変(大化の改新)で入鹿が中大兄皇子・中臣鎌足らに殺され、屋敷に火を放ち自害したとされる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. 社説 日馬富士関が後輩に暴行 横綱を名乗るに値しない

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]