メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最優秀助演男優賞は妻夫木聡 “恋人”綾野剛と熱い抱擁…目を潤ませ感謝の言葉も

「第40回日本アカデミー賞」で最優秀助演男優賞を受賞し“恋人”役の綾野剛さんと熱く抱擁する妻夫木聡さん(右)

 「第40回日本アカデミー賞」の授賞式が3日、東京都内で開かれ、映画「怒り」(李相日監督)で妻夫木聡さんが最優秀助演男優賞を受賞した。妻夫木さんは「ああ、ありがとうございます」とかみ締めるようにあいさつすると、「舞台がこのあと待っているんですけれど、(時間)ぎりぎりまで待っていてよかったです。前回『悪人』で最優秀主演男優賞をいただいた時は、この会場にいられなかったので、こうやって皆さんと喜びを分かち合えること、すごくうれしく思います」と喜びのコメント。また降壇後には“恋人役”の綾野剛さんとがっちりと抱擁し、会場を沸かせた。

 また妻夫木さんは「小さいころから特に何の取りえのなかった自分が今、俳優をやっているこ自体がと不思議なんですけど、俳優でこうやってすてきな賞までもらえるっていう現実が夢のよう。これも綾野剛君と一緒に作り上げた役であったりして。あと李監督、『東京はお前に任せた』って言ってくれたあの一言が本当にうれしくて、終わったあとも『お前に救われた』って言ってくれたことも僕の一生の財産となりました」と目を潤ませながら語ると、最後に「本当にありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。

 「怒り」は、吉田修一さんの小説(中央公論新社)が原作。東京・八王子で凄惨(せいさん)な夫婦殺人事件が起こり、殺害現場に「怒」という血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、逃亡を続ける。事件から1年後、千葉と東京と沖縄に素性のしれない3人の男が現れて……という内容で、千葉の漁港で働く洋平(渡辺謙さん)、東京の大手広告代理店で働く優馬(妻夫木さん)、沖縄に引っ越ししてきた泉(広瀬すずさん)を中心とした三つの群像劇が展開される。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石破氏 「首相夫人がきちんと真実を述べる場を」
  2. 福岡人志 松本人志の福岡ロケ番組第6弾 太宰府の魅力を再発見
  3. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  4. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  5. 情報提供呼び掛け 16年前不明の高1生徒 北海道・室蘭

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]