メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洲本5人殺害

死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」

事件現場となった民家(左手前と右奥)と平野達彦被告宅(左奥)=兵庫県洲本市で2015年3月9日午前9時49分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 兵庫県洲本市の民家2軒で2015年3月、50~80代の男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職、平野達彦被告(42)に対し、検察側は3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた公判で、「極めて残虐で執拗(しつよう)な犯行だ。何ら落ち度のない5人の命を奪った」として死刑を求刑した。被告には精神障害による入通院歴があり、責任能力の程度が争点となっている。判決は22日。

     公判で、地検や地裁が実施した精神鑑定の担当医2人は「犯行を決めたことに精神障害の影響はなく、理性的な判断によるものだった」などと証言した。検察側は精神障害があったとしつつ、被告が量刑を事前に調べて事件後も落ち着いていたことから「精神障害の影響は及んでおらず、完全な責任能力があったことは明らかだ」と主張した。

     被害者参加制度を利用して遺族も出廷し「被告に反省もなく、死刑にすべきだ」などと訴えた。

     弁護側は最終弁論で、「電磁波で操られていた」などとする被告の供述を踏まえ、「精神障害による妄想がなければ本件は起きていない。自分の行動が正当化されると確信して犯行に及んでおり、心神喪失か心神耗弱の状態だった」と述べ、死刑回避を訴えた。

     起訴状によると、平野被告は15年3月9日午前4時ごろ、自宅近くの平野毅(たけし)さん(当時82歳)宅で、毅さんと妻恒子(つねこ)さん(同79歳)の胸などをサバイバルナイフで複数回刺して殺害した。約3時間後、近くの平野浩之さん(同62歳)宅で浩之さんと妻方子(まさこ)さん(同59歳)、母静子さん(同84歳)を同様に殺害した、とされる。【井上卓也、神足俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
    2. 名古屋大 尿検査で5種類のがん発見 早期治療に期待
    3. トーク 妥協なき挑戦積み重ね 2度目の上方漫才大賞 海原やすよ ともこ
    4. 食中毒 校庭の植物で 男児2人、キョウチクトウ食べ 高松 /香川
    5. ORICON NEWS “余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]