メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洲本5人殺害

死刑を求刑…検察「精神障害の影響なし」

事件現場となった民家(左手前と右奥)と平野達彦被告宅(左奥)=兵庫県洲本市で2015年3月9日午前9時49分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 兵庫県洲本市の民家2軒で2015年3月、50~80代の男女5人が刺殺された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた無職、平野達彦被告(42)に対し、検察側は3日、神戸地裁(長井秀典裁判長)で開かれた公判で、「極めて残虐で執拗(しつよう)な犯行だ。何ら落ち度のない5人の命を奪った」として死刑を求刑した。被告には精神障害による入通院歴があり、責任能力の程度が争点となっている。判決は22日。

 公判で、地検や地裁が実施した精神鑑定の担当医2人は「犯行を決めたことに精神障害の影響はなく、理性的…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. 八千草薫さん、がん公表 ドラマ「やすらぎの刻」降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです