メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲問題

石原氏「迷走の責任は小池知事にある」…会見

記者会見する石原慎太郎・元東京都知事=日本記者クラブで2017年3月3日午後3時、小出洋平撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)の移転問題で、移転決定時に知事だった石原慎太郎氏が3日午後、都内の日本記者クラブで記者会見を開いた。石原氏は「小池百合子知事は権限を持って市場を豊洲に移転すべきだ」と述べ、移転を決めた自身の判断が正しかったと強調した。

 石原氏は会見の冒頭で「やるべきことをやらずにほったらかしにして、補償などにべらぼうな金がかかっている。今回の混迷、迷走の責任は小池知事にある」と主張。「豊洲市場は危険ではない」とし、早期移転を進めるべきだとの見解を示した。

 その後、石原事務所の職員が、東京ガスの工場跡地を市場用地として購入した経緯などについて説明する文書を代読した。文書では「用地取得交渉は副知事だった浜渦武生氏に任せており、逐一報告は受けていない」とした。

 また、2008年5月までに用地から環境基準値の4万3000倍のベンゼンが検出され、土壌汚染対策が必要となった際、総額586億円(当時の試算)の土壌汚染対策工事のうち、東ガスの負担分が78億円にとどまったことについては「私には詳細な契約文書を判断する知見はない」とした。【川畑さおり、芳賀竜也】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
  2. 受精卵無断使用 「父親だと思えない」原告揺れる心情
  3. 奈良家裁 受精卵無断使用でも「父子」 別居の妻が出産
  4. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  5. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]