メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

偽ニュース対策

プラットフォーム事業者に損害賠償請求を

フェイクニュース対策として、グーグルなどのプラットフォーム事業者に対して被害者による損害賠償請求を提案する西垣通・東京大名誉教授=東京都千代田区で2017年2月10日、岡礼子撮影

 インターネットでフェイクニュース(デマ)が容易に拡散されることが問題になっている。画像を加工したり、偽の説明を付けたりすることはもちろん、ニュースサイトのような体裁のウェブページを作ることは個人でもできる。多くの人がシェアして閲覧数が増えれば、人の目に触れやすくなる悪循環が働く。フェイクニュースを掲載しないための対処法はあるのか。メディアの動向やインターネット文化に詳しい西垣通・東京大学名誉教授(情報学)に聞いた。【岡礼子/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り3389文字(全文3615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
  5. サウジ政府 記者死亡を認める「口論と殴り合いの結果」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです