メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開花へ

5日号砲 びわこ毎日マラソン/下 村沢明伸(25)=日清食品グループ

今年のニューイヤー駅伝でタスキをつなぐ日清食品グループの4区の村沢(左)=梅村直承撮影

初の42・195キロで新境地

 華やかな経歴を持つ有望株が、2020年東京五輪を見据えて初マラソンに挑む。本人は「走り終わった先に足りないものが見えてくると思う」と慎重だが、指導する日清食品グループの白水昭興総監督は「目標は2時間9分からプラスマイナス1分程度。それぐらいの手応えはある」と評価する。

 長野・佐久長聖高時代は全国高校駅伝で同校の初優勝の原動力になった。世界ユース、ジュニアの日本代表も経験。圧巻だったのは東海大2年で挑んだ11年の箱根駅伝。エース区間の2区で17人抜きを演じた。

 しかし、東海大4年時に痛めた左アキレスけんのけがが長引いた。卒業後は強豪・日清食品グループに進むも…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです