メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

孤高の絵師に迫る 海北友松展、来月・京都 前売り券販売中

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     武家に生まれ、桃山を生きた孤高の絵師、海北友松(かいほう・ゆうしょう、1533~1615年)の過去最大規模となる回顧展、京都国立博物館開館120周年記念特別展覧会「海北友松」を4月11日から同博物館で開催します。

     直木賞作家・葉室麟さんの最新作「墨龍賦(ぼくりゅうふ)」の題材となったことでも話題になっている海北友松は、絵師として60代で頭角を現し、1615(慶長20)年、大坂夏の陣の直後に83歳で没するまで数々の名品を残しました。本展では、謎多い友松の前半生にも焦点を当てながら、狩野永徳、長谷川等伯と並び称される「絵師・海北友松」の生涯とその画業の全貌に迫ります。お得な前売り券を販売しています(4月10日まで)。早めにお求めください=写真は重要文化財「雲龍図」(部分、海北友松筆、京都・建仁寺蔵)。

     <会期>4月11日(火)~5月21日(日)※会期中、一部の作品を展示替えします。月曜休館。入館は9時半~17時半(金、土曜は19時半まで)<会場>京都国立博物館(京都市東山区茶屋町)<前売り料金>一般1300円、大学生1000円、高校生700円=当日料金は各200円増し。中学生以下無料<前売り券販売場所>チケットぴあ(Pコード767-951)、ローソンチケット(Lコード52533)、主要プレイガイドとコンビニほか※購入時に手数料がかかる場合があります<公式サイト>http://yusho2017.jp/

     主催 毎日新聞社、京都国立博物館など▽協賛 大和ハウス工業、日本写真印刷

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見
    2. ORICON NEWS 指原、NMB須藤結婚宣言に持論「あのステージで言ったのは間違い」
    3. 子供が好きなキャラ 3年ぶりにアンパンマン バンダイ
    4. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    5. 身代金ウイルス 逮捕の中3 おもちゃレベルでも作成罪?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]