メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「小学校認可、早期判断を」自民府議団申し入れ

 大阪市の学校法人「森友学園」が大阪府豊中市に開校を予定する小学校の設置認可について、自民党大阪府議団は3日、早期に判断するよう求める申し入れ書を向井正博・府教育長宛てに提出した。

     府私立学校審議会(私学審)は9日に事務局の府私学課に小学校の建設予定地を視察させ、今月中に開く審議会で、ごみを含んだ土砂の状況などについて報告を受ける予定。私学課によると、入学・転入を予定しているのは1年40人、2年5人の計45人。杉本太平・府議団幹事長は「子どもたちは4月からの学校生活がどうなるか大きな不安を抱えており、認可の判断が遅れれば大きな影響が出る」と指摘。一刻も早く方向性を示すよう求めた。

     一方、小学校への入学を希望する保護者らは3日、早期に認可されるよう求め、私学審に要望書を提出した。対応した私学課によると、森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市)の保護者ら約20人が訪れ、「入学を楽しみにしている子どもたちや保護者が大勢いる」などと訴えたという。【武内彩、津久井達】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水崎綾女、カンヌから世界へ 遅咲き28歳「実感湧かない」 (スポニチ)
    2. 零戦 機体を復元 鹿児島県の海自鹿屋航空基地で試験飛行
    3. 小型飛行機 「本当に飛んだ」…メーヴェ、初の公開飛行
    4. 川崎重工 旧日本軍戦闘機「飛燕」復元 神戸で展示
    5. ヒロインに水崎綾女を選んだ理由は…河瀬監督「彼女の強い目」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]