メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

新生活、情報伝達が鍵=東京大教授、精神科医 佐々木司

 春は卒業と進学の季節。期待に胸が膨らむ一方、これまで学校生活で悩みを抱えてきた場合には心配な季節でもある。まして親元を離れての新生活なら、なおさらだ。

 心配は学校側にもある。高校でも大学でも、新年度が始まり生徒や学生の個性が見え始めると、学校生活での困難も表面化してくる。この時に前の学校での様子が分からないと対応が遅れ、授業に出られず単位を落としたり、不登校・留年・退学に至ったりする生徒や学生も出てくる(統計では大学生の退学は「経済的理由」が多いが、メンタルなどの問題での退学をここに含める大学もある)。

 大切なのは早めの対応だが、その鍵となるのが情報提供だ。受験の時に提出される内申書では、効果的な支援…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです