メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相

改憲「総力挙げて」 「創生『日本』」の会合で訴え

 安倍晋三首相は4日夜、東京都内で開かれた超党派の保守系議員連盟「創生『日本』」の会合で、5月に施行70年を迎える憲法について「節目のときだから改正に向かって総力を挙げて頑張ろう」と訴えた。会合は非公開だったが、衛藤晟一首相補佐官が記者団に首相の発言を紹介した。

     衛藤氏によると、首相は、衆参両院で改憲に前向きな勢力が3分の2を超える議席を占めていることを踏まえ、「やっと発議できるようになったのだから、自民党が議論をリードしていかなければならない。具体的な案について議論することが大事だ」と述べた。「憲法を議論できる環境を率先して作りたい。必ずや憲法を改正したい」とも語ったという。

     首相は2009年から会長を務めている。この日の会合には国会議員、地方議員ら約500人が参加。稲田朋美防衛相も出席した。【梅田啓祐】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
    4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    5. ことば 健康保険組合

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]