メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

今週のおすすめ紙面 ストーリー/オピニオン/くらしナビ

 ◆ストーリー

    取り残される震災障害者 12日・日曜日 1面、ストーリー面

     東日本大震災では関連死が3500人以上認定される一方、震災に起因して障害を負ったとして障害見舞金を受給した障害者は98人にすぎません。行政による調査や支援が進んでおらず、震災後に半身まひなどの障害を負った宮城県亘理町の少年(19)と家族は「復興から取り残されている」と話します。ひっそりと、しかし懸命に生きてきた彼らの6年間を追いました。

     ◆オピニオン

    論点 参院改革の課題 8日・水曜日 オピニオン面

     憲法施行70年を迎えるなか、「憲法改正」は次第に現実味を帯びています。いよいよ衆院の憲法審査会が16日から始まります。焦点は何も「9条」ばかりではありません。参院改革にも注目が集まろうとしています。「良識の府」「再考の府」と呼ばれたのは今や昔。ねじれ国会への批判から時に、「参院不要論」も論じられます。参院改革の課題を識者らに聞きました。

     ◆くらしナビ

    原発事故と食の生産者 9日・木曜日 くらしナビ面

     東京電力福島第1原発事故の放射能汚染は「食」に甚大な影響を与えました。被災地の生産者は今も被害に苦しんでいます。そんな中、昨年9月に福島沖でヒラメの試験操業が始まりました。記者が厳寒の漁に同行し、漁師の思いを聞きました。有機栽培のアイガモ農法で高品質な米を追求してきた福島県会津若松市の農家や、出荷制限が続く山菜の現場も訪ねました。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    2. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸
    3. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」
    4. 財務省 森友交渉記録を国会に提出 改ざん前決裁文書も
    5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 一転辞意 実名抗議うけ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]