メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

七戸龍と児玉ひかる優勝 九州選手権

九州柔道選手権決勝で、垣田(左)に技をかける七戸=福岡市の福岡武道館で2017年3月5日、生野貴紀撮影

 体重無差別で争う男子59回、女子27回九州柔道選手権が5日、福岡市の福岡武道館であった。男子は七戸龍(九州電力)、女子は児玉ひかる(敬愛高)が優勝を果たした。男子の上位6人が全日本選手権(東京・4月29日)、女子の上位2人が全日本女子選手権(横浜・4月16日)に出場する。

    七戸、復活を期す

     七戸は攻めの姿勢を貫き、九州王者を射止めた。垣田(旭化成)と相対した決勝。開始から前に出ると、最後は内股で仕留めた。14、15年と世界選手権100キロ超級で準優勝したものの、その後リオ五輪の選考レースで敗れ、代表を逃した。東京五輪を目指して現役を続行を決意した後は「本来のスタイル」という素早い攻めを意識して練習してきた。復活を期す28歳は全日本選手権に向けて「取り切れなかったタイトル。負けていられない」と闘志を燃やす。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 将棋 藤井四段29連勝 14歳、新記録樹立
    2. 藤井四段 歴史を塗り替えた 指し手、正確で厳しく
    3. 横浜市鶴見区 「藤井四段」名乗る寄付 将棋セットなど
    4. 日清食品 カップ麺「黒歴史トリオ」 意地の再発売
    5. 将棋 藤井四段「28連勝、ツキがあったと感じる」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]