メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま子育て事情

/7 県・市の子育て関連施策 ニーズに沿っているか /和歌山

子育て関連施策などについて語る金川准教授=和歌山市栄谷の和歌山大で、成田有佳撮影

 人口減少や少子化に直面する県や各市町村は、2017年度当初予算案にさまざまな少子化対策や子育て支援関連の事業費を計上している。県と和歌山市の施策の実効性や課題について、有識者らでつくる県子ども・子育て会議の委員で、自身も4歳の長女を育てる母親でもある金川めぐみ・和歌山大准教授(社会保障法)に聞いた。

 県は新年度、少子化・子育て支援関連事業に総額約56億円を充てる。第3子の保育料などを無料とする「紀…

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです