メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほど!オイのまち

長崎・石神町 神功皇后にまつわる鎮懐石伝説が残る /長崎

 長崎市石神町(いしがみまち)は、浦上川を挟んで長崎大文教キャンパス(文教町)の対岸にある閑静な住宅街だ。町名は全国に点在する「石神信仰」に関連すると推測される。

 石神信仰は古代から世界各地で見られる原始土俗宗教の一種。自然界の石や、石棒などの加工物を神が宿る奇石、霊石として祭る。石神町を含む浦上川東部には、石神信仰の一つで、神功(じんぐう)皇后にまつわる「鎮懐石(ちんかいせき)」伝説が残る。

 江戸時代中期の長崎の天文学者、西川如見は、自らの見聞を記した「長崎夜話草」(1720年)で「神功皇…

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文783文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです