メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

野良子猫、譲渡につなぐ

生後2週間ほどの子猫にミルクを飲ませる=東京都豊島区内で

 猫ブームが続いている。その陰で国内で殺処分された猫は約6万7000匹(2015年度)で、うち7割近くは子猫だ。飼い主不明の猫の繁殖による子猫は課題のまま。春は猫の出産ラッシュ。もし野良の子猫を見つけたら、その命を救うために何ができるだろうか。

 ●春は出産ラッシュ

 「母猫が子猫の面倒を見なくなった」。昨夏、東京都練馬区で地域猫活動に取り組むNPO法人「ねりまねこ」副理事長の亀山嘉代さんのもとに、ある福祉施設の職員から相談が寄せられた。職員らは、施設敷地内にすみ着き餌をやっていた野良猫が子猫を3匹産んだので、寝床として用意した段ボールに子猫を移すといった世話を焼いていた。良かれと思った行動だったのだが、人間を警戒した母猫が寄りつかない状況を招き、結果的に子猫2匹が衰弱死してしまった。

 猫は2月前後から発情期を迎え、交尾をすると高い確率で妊娠をするといわれている。妊娠期間は約2カ月。…

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1537文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  4. 陸上イージス 配備説明 秋田知事「不本意」 防衛相訪問
  5. 雑記帳 近鉄名古屋駅と伊勢中川駅(三重県松阪市)を結ぶ近鉄名古屋線が…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]