メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

土俵を支える 床山 床松さん(62) 春日野部屋

朝稽古(げいこ)の後、栃ノ心(手前)のまげを結う床松さん=村社拓信撮影

髪結いから戦い始まる

 高校を中退した後のことです。とにかくお相撲さんに会いたいという気持ちで、初めて両国まで行きました。両国駅に着いた時、偶然出会ったお相撲さんの後を付いていったら、そこが春日野部屋でした。

 相撲が大好きだった祖母に感化されました。わんぱく相撲で何回か優勝したこともあります。子どもの頃は栃若時代。力士のメンコで遊んだこともありましたが、まさかその栃錦が親方の部屋に入るとは思ってもいませんでした。

 本当はお相撲さんになりたかったけど、体重が60キロくらいしかなかった。部屋の床政さんという先輩が親…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1053文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです