メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『春と盆暗』熊倉献・著

群れからはぐれかけた若者の甘くはない日々

◆『春(はる)と(と)盆暗(ぼんくら)』熊倉献・著(講談社/税抜き590円)

 『春と盆暗』は、表紙からして、端正でありながら愛らしい描線がすがすがしかった上に、人を食ったようなタイトルからどうにも目が離せず、旅先の書店で求めた。その日は夕刻から会合があって、十数年ぶりに大学の同窓生と会ったのだったが、解散してから宿に戻る道中、自分はやっぱり、そこに集まった大勢のような真人間にはなれないな、という気持ちが胸中で煮詰まっていった。どうしてか「みんな」と同じような道を歩き出せないでいる、と。

 でも、宿のシングルベッドの上には、半分読みかけの『春と盆暗』がある。この漫画の主人公は「みんな」の…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文904文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]