メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

震災を語る 大きな時間幅で考えよ 哲学者・内山節さん

そびえるように建つ大船渡港の防波堤=岩手県大船渡市で2016年10月19日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の発生日を間もなく迎えるが、多くの被災者が避難生活を続け、原発の事故処理にめどが立たない。一方、被災地を離れた街では震災の話題は減った。1970年代から東京と群馬県上野村との二重生活を送りながら、自然と共同体との関係などを考察している哲学者の内山節さんは、震災の風化と復興について、どう考えているのだろう。【庄司哲也】

原発、コンクリート…刹那的システム/若者の変化の兆しに期待

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです