メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

震災を語る 大きな時間幅で考えよ 哲学者・内山節さん

そびえるように建つ大船渡港の防波堤=岩手県大船渡市で2016年10月19日、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災の発生日を間もなく迎えるが、多くの被災者が避難生活を続け、原発の事故処理にめどが立たない。一方、被災地を離れた街では震災の話題は減った。1970年代から東京と群馬県上野村との二重生活を送りながら、自然と共同体との関係などを考察している哲学者の内山節さんは、震災の風化と復興について、どう考えているのだろう。【庄司哲也】

原発、コンクリート…刹那的システム/若者の変化の兆しに期待

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2808文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]