メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泉茂回顧展

湧き出るイメージ 3会場で

 戦後、関西美術界をけん引した画家、泉茂(1922~95年)の回顧展が3会場で開催中だ。和歌山県立近代美術館(和歌山市)は画業全体を紹介。ヨシミアーツ(大阪市西区)は主に70年代、ザ・スリー・コノハナ(同市此花区)は80年代以降の絵画に焦点を当てている。

 泉は次々と作風を変え、脱皮しながら新しい造形表現を探求した。自由の精神を尊重する「デモクラート美術家協会」(51~57年)時代の版画は、シュールレアリスムの影響や叙情的な作風が特徴。同館の植野比佐見(ひさみ)学芸員は「泉さんには優れた画力に加え、夢見る力があった」…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]