メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路城

江戸期、CGで復元へ 「鶴の間」「城下町」リアル 県立大研究者ら、現存絵図類基に /兵庫

 江戸時代の姫路城主の居城や城下町の街並みなどを、兵庫県立大の研究者らがコンピューターグラフィックス(CG)で復元する取り組みを進めている。現存する絵図類を基に、同時代に建てられた熊本城や名古屋城などから時代考証し、当時の主流を表現した。姫路市教委は「現存する大天守以外の多様な姫路城の価値を視覚化できる」と期待を寄せている。【山縣章子】

 文化庁の補助を受けて、2015年度からスタート。建築や歴史、美術の研究者らで作る「姫路城ガイドツー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです