メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就労支援プロジェクト

ひきこもり経験、若者ら対象 福岡市で無料相談・交流会 /福岡

就労を希望する若者を前に話す鳥巣さん(右)と企業の採用担当者

「勇気持って気軽に一歩踏み出して」 糸島の鳥巣さん、2年前から活動

 ひきこもりなどの経験から働きたいけれども働けない39歳までの人たちを対象にした「福岡わかもの就労支援プロジェクト」と題した無料の相談会や交流会が早良区高取で開かれている。

 鳥巣正治さん(58)=糸島市=が、息子が中学3年の頃に不登校になったことや会社で採用に関わった経験などをきっかけに、2015年に始めた。約6カ月の面談や交流を重ね、希望する先に就職することが目標。これまでに5人が就職し、現在は体験を含め6人が通っている。

 就職相談会の実施や個別の面談で趣味や好きなことを聞き出して褒めたり認めたりしながら自己肯定感や自信…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 積水ハウス 土地詐欺被害 「社長案件」社内審査怠る 安価情報、取引焦る 「問題あり」複数指摘を無視
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです