メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災6年

福島第1原発事故 進む避難指示解除 原発の街、未来図は(その1)

避難指示区域の変遷

 2011年3月に起きた東京電力福島第1原発事故による国の避難指示は、浪江町・川俣町・飯舘村で3月31日、富岡町で4月1日、帰還困難区域を除き解除される。11市町村に広がっていた避難指示区域を13年8月と今年4月1日時点で比較すると、面積は約3割にまで縮小することになる。ただ、帰還・帰還予定者は、解除で既に住民が戻れる田村・楢葉・葛尾・川内・南相馬の5市町村を含めても解除対象者の7・9%にとどまり、復興に向けた今後のまちづくりは大きな課題を抱えたままだ。

 一方、全域避難が続く第1原発立地自治体の大熊・双葉両町は解除の見通しがつかず、事故発生から6年が経…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです