メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」

 江戸時代後期に来日したドイツ人医師のシーボルト(1796~1866年)の没後、150年余りが経過したことを記念し、4月22日から特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」を名古屋市博物館で開催します。

     シーボルトは日本の美術工芸品や動植物に魅せられ、欧州で日本文化を紹介。特別展では当時、彼が収集した「花鳥図衝立(ついたて)」や有田焼の「赤絵染付諫鼓鶏(かんこどり)香炉」など約300点を紹介します。

     <会期>前期は4月22日~5月21日。一部展示を入れ替えた後期は5月24日~6月11日。休館日は4月24、25日、5月8、15、22、23、29日、6月5日<開館時間>午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)<会場>名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区瑞穂通1の27の1、052・853・2655)<観覧料>大人1300円(4月21日までの前売り1100円)、高大生900円(同700円)、小中学生500円(同300円)<販売場所>同博物館、チケットぴあ(Pコード768-177)、ローソンチケット(Lコード41315)など

     主催 毎日新聞社、名古屋市博物館、人間文化研究機構国立歴史民俗博物館、日本経済新聞社、テレビ愛知、朝日新聞社

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南スーダン ウガンダ国境 「運命の橋」救い求め 陸自部隊、近く完全撤収
    2. ドキュメント 保育所のリアル/3 女性活躍?壁、壁、壁
    3. 雑記帳 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の…
    4. バレーボール プロ化構想検討継続 来年4月末まで
    5. 動画広告 「ワンオペ育児」ユニ・チャーム論争の的に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]