メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

主演深夜ドラマでラブシーンに挑戦「悩むことがありました」

深夜ドラマ「クズの本懐」について語った吉本実憂さん

 女優の吉本実憂さんが主演しているフジテレビの深夜ドラマ「クズの本懐」(水曜深夜1時55分)。劇中で吉本さんは、ラブシーンにも挑戦し「オーディションに受かってからも、悩むことがありました」と語る。役への思い入れや、20歳を迎えて“お酒デビュー”したというプライベートについて聞いた。

 「クズの本懐」は、「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の横槍メンゴさんのマンガが原作で、教師の鐘井鳴海に恋する女子高生の安楽岡花火(吉本さん)と、教師の皆川茜に恋心を抱く高校生の粟屋麦は、品行方正な美男美女カップルを装っていたが……というストーリー。吉本さんと桜田通(どおり)さんがダブル主演を務め、麦は桜田さん、鐘井は水田航生さん、皆川は逢沢りなさんが演じている。また同局の深夜アニメ枠「ノイタミナ」でテレビアニメ版も放送された。

過激な描写にオーディション合格後も悩んだ

 吉本さんは、成績優秀、才色兼備の女子高生の花火を演じ、花火は幼いころから兄と慕う鐘井先生に恋心を抱いているが、麦と交際をしているというキャラクターだ。吉本さんは「私と明るいところは似ていると思いますが、恋愛の部分は、多々似てないですね」と笑顔で語る。「明るい子だと思うけれど、純愛と寂しさの間を常に揺れ動いている。私の中では“危なかっしい子”という印象です。花火という名前の通り、瞬時に光を放っては、すぐに闇にもどってしまうような子です」と表現する。

 また、麦との関係性については「演じさせていただいているからこそ、理解できる部分もあります。こういう関係を否定するのは簡単なことだと思うのですが、簡単に否定できない自分もいるんですよね(笑い)。純粋だからこそ不安定になってしまうんだと思います」と語る。

 劇中では、花火と麦のラブシーンも登場する。「正直に言うと、オーディションを受ける前に(原作の)マンガを読んで、過激な描写があったので迷いました。オーディションに受かってからも、悩むことがありました」と明かす。「でも、私の中のどこかで花火のことを放っておけない自分がいて、助けてあげたいとかいろいろな感情が生まれました。こういう感情を私が花火を演じることで、何か見いだせることがあるんじゃないかと思い、役と向き合いました」と当時を振り返る。

 ドラマの撮影現場は「とにかく明るい」といい「監督がムードメーカーという感じで、いろいろな話をしてくれて盛り上がりました」と言い、「みんなプロ意識が高く、いいものを作ろうという熱意がすごい」と語った。

 また、吉本さんとダブル主演を務める桜田さんについては「ご本人と麦とのギャップがすごいです。本人は明るく面白い方です。麦に入っているときは、集中しているようで話しかけないようにしていました」とか。「桜田さんは原作が大好きで、実写をやるときは『俺がやりたい!』とおっしゃっていたようです。だから、その熱量に負けないように、合間にセリフ合わせをしたり、芝居の調整を一緒にして相乗効果が出せていると思います」と目を輝かせる。

 20歳を迎え“お酒デビュー” 「まだまだこれから」

 吉本さんは、昨年12月28日に20歳の誕生日を迎えた。「撮影に入っていたので、いろいろな方からお祝いをしてもらい、プレゼントをいただきました。20歳ということで、梅酒や日本酒、焼酎などもいただきました」と明かす。“お酒デビュー”については「自分が何を好きなんだろうっていうのを知るために、ちょっとずつ飲みました(笑い)。梅酒がおいしかったです。こういうことを言うと『やっぱり、女の子だね』って言われたりして……だってそうですもん(笑い)。お酒は、まだまだこれからですね。まだ酔ってつぶれたという経験はしていなくて、(お酒に酔ったエピソードを)いろいろな方から聞くので、気をつけたいと思います」とにっこり。

 ドラマは8話を迎え、物語が佳境に入っていく。「面白くなっていきますよ! とにかく物語を楽しんでいただきたいと思います。花火がどのような道を選ぶのか。皆さんが、どういう反応をされるのか楽しみです。花火が“えらいこと”になっちゃいます」と今後について明るくアピールした。

 <プロフィル>

 よしもと・みゆ 1996年12月28日生まれ。福岡県出身。2012年に「第13回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞。14年に深夜ドラマ「獣医さん、事件ですよ」で女優デビューし、映画「ゆめはるか」で主演を務めた。そのほかNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や連続ドラマ「表参道高校合唱部!」、映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」にも出演した。13年1月に結成された アイドルグループ「X21」のリーダーとしても活躍している。吉本さんが所属するオスカープロモーションは「第15回全日本国民的美少女コンテスト」の応募を受け付けている。詳細は公式ホームページまで。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
  2. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
  3. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
  4. 朝鮮学校無償化 「母校が認められた」全面勝訴に大歓声
  5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]