メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島県の自治体 職員の自殺相次ぐ  

 自治労福島県本部は7日、今年に入って2月末までに県と市町村の職員計5人が自殺したと発表した。昨年4月からの自殺者数は9人。県本部は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う業務量の増加が要因の一つになっていると分析する。

 県本部は、自治体職員の相次ぐ自殺に危機感を持ち、自殺者数を初めて発表した。今年度の自殺は、市町村職員7人、県職員2人で、ここ10年間でも高水準。35歳未満が4人を占め、若年層の自殺が目立つようになったのが気がかりという。

 県本部は、心身の不調を感じた場合は、東日本大震災と熊本地震の被災自治体職員向けの「自治労ほっとダイヤル」(電話0120・556・283)に相談するよう呼びかけている。【土江洋範】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
  2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
  3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
  4. 特集ワイド ミサイル「危機」狂騒曲 踊らされているのは誰? 学校が「対応」のお知らせ配布 それでも原発は再稼働
  5. ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]