メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島県の自治体 職員の自殺相次ぐ  

 自治労福島県本部は7日、今年に入って2月末までに県と市町村の職員計5人が自殺したと発表した。昨年4月からの自殺者数は9人。県本部は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う業務量の増加が要因の一つになっていると分析する。

 県本部は、自治体職員の相次ぐ自殺に危機感を持ち、自殺者数を初めて発表した。今年度の自殺は、市町村職員7人、県職員2人で、ここ10年間でも高水準。35歳未満が4人を占め、若年層の自殺が目立つようになったのが気がかりという。

 県本部は、心身の不調を感じた場合は、東日本大震災と熊本地震の被災自治体職員向けの「自治労ほっとダイヤル」(電話0120・556・283)に相談するよう呼びかけている。【土江洋範】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  2. 今村復興相辞任 「東北で良かった」逆手に応援の投稿
  3. アクセス 中学生棋士・藤井四段 神童、羽生超えるか
  4. 異物混入 給食に金属片 米飯が中止に 葛城・新庄中 /奈良
  5. 中国 「海洋強国」鮮明に 「悲願」の国産空母進水

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]