メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自治労

福島県の自治体 職員の自殺相次ぐ  

 自治労福島県本部は7日、今年に入って2月末までに県と市町村の職員計5人が自殺したと発表した。昨年4月からの自殺者数は9人。県本部は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故に伴う業務量の増加が要因の一つになっていると分析する。

 県本部は、自治体職員の相次ぐ自殺に危機感を持ち、自殺者数を初めて発表した。今年度の自殺は、市町村職員7人、県職員2人で、ここ10年間でも高水準。35歳未満が4人を占め、若年層の自殺が目立つようになったのが気がかりという。

 県本部は、心身の不調を感じた場合は、東日本大震災と熊本地震の被災自治体職員向けの「自治労ほっとダイヤル」(電話0120・556・283)に相談するよう呼びかけている。【土江洋範】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンビニ ミニストップが全店舗で成人誌の販売を中止へ
  2. 日馬富士暴行 現場の個室に日本人力士も同席
  3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、理事長選で思惑…モンゴル報道
  4. 4乳児遺体遺棄 53歳女逮捕「産んですぐバケツに」大阪
  5. 森友問題 8億円下げ「根拠不十分」…会計検査院

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]