メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発射は朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊か

北朝鮮「在日米軍を標的に実施、成功した」報道

 【北京・西岡省二、ワシントン会川晴之】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は7日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下で「在日米軍を攻撃する弾道ミサイル4発を同時に発射する訓練が実施され、成功した」と報じた。6日に北朝鮮北西部から日本海に向けて発射されたミサイルとみられる。同通信は「合同軍事演習を強行して朝鮮半島の平和と安定を破壊する敵に報復する」と伝えており、米韓合同軍事演習への対抗措置であることが確認された。

     朝鮮中央通信によると、北朝鮮の訓練に参加したのは朝鮮人民軍戦略軍火星砲兵部隊で「有事に日本駐屯米軍基地を攻撃する任務」を担うという。北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは、ミサイル4発が発射される映像を放映した。

     ミサイルについて韓国軍は、射程1000キロの「スカッドER型」との見方を示している。米NBC放送は国防総省筋の情報として、今回北朝鮮が発射したのは5発で、うち1発が失敗だったと伝えた。

     一方、米軍は7日、在韓米軍への「終末高高度防衛(THAAD=サード)ミサイル」の配備を始めたと発表した。北朝鮮に対抗し、韓国のミサイル防衛力を高める狙い。トランプ米大統領は韓国の大統領代行、黄教安(ファン・ギョアン)首相と電話協議し、対応策を話し合った。THAAD配備に反発する中国、ロシアとの関係悪化は必至だ。

     国連安全保障理事会でも日米韓の3カ国は6日に緊急会合を要請。8日にも開催される見込みだ。3カ国は北朝鮮を非難し、国連加盟国に制裁決議の履行を求める報道声明の採択を目指している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
    2. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
    3. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
    4. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
    5. サッカー日本代表 タイ戦スタメン発表 岡崎先発

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]