メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

大相撲春場所 負傷の稀勢の里が優勝

金使い果たし実行か パチンコで

 名古屋市南区の大島克夫さん(83)と妻たみ子さん(80)が自宅で殺害された事件で、強盗殺人容疑で逮捕された松井広志容疑者(42)が事件当日、その日に支給された生活保護費の大半をパチンコで使い果たしていたことが捜査関係者への取材で分かった。その後に事件に及んだとみられ、愛知県警南署特別捜査本部は金目当てで大島さん方に押し入ったとみて調べている。

     一方、松井容疑者が事件直後に南区内のスナックを訪れ、ツケの分も合わせて2万8000円を支払っていたことも判明した。特捜本部は大島さん方から奪った金を使った可能性もあるとみている。

     捜査関係者などによると、松井容疑者には月に約10万円の生活保護費が支給されていたとみられ、事件当日の1日が支給日だった。

     松井容疑者が行きつけにしていた南区のスナックの経営者女性によると、事件直後の1日午後10時ごろに松井容疑者が1人で店を訪れ「パチンコで負けた」と話した。口数は少なく、店の女性に「死にたい」と語ったという。1時間半ほどいて、1~2月にツケにした分の一部2万5000円と当日の代金3000円を支払った。

     松井容疑者は1日午後8時ごろ、大島さん方で克夫さんとたみ子さんの首を刃物で突き刺すなどして殺害し、財布一つを奪ったとして逮捕された。逮捕時に容疑をおおむね認め、アパート自室から凶器とみられる刃物と大島さん方から奪ったとみられる財布が見つかった。【野村阿悠子、道永竜命】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シンガポール 有罪判決の少年、米に亡命申請 元首相批判
    2. 千葉・我孫子 排水路脇に女児遺体 衣服や所持品なし
    3. 選抜高校野球 福大大濠、滋賀学園延長引き分け 再試合に
    4. グルメ 大規模「立ち食いそば」チェーンの本命店5選ーー各店の真髄を味わうべし
    5. 憂楽帳 ヘアドネーション

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]