メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

左から、柳家三三、盛隆二、安井順平=カメラマン、田中亜紀撮影

 落語家が芝居に出ることも、俳優が落語を演じることも珍しくない。けれど、落語と芝居の語り口を織り交ぜながら一つのストーリーを紡ぐと、どうなるか。そんなことに挑んだのが前川知大率いる「イキウメ」のカタルシツ演芸会「生きてる時間」(前川作・演出、2月15~18日、東京・あうるすぽっと)。落語という話芸の可能性に斬り込んだ前川のSF的ストーリーと、落語家の柳家三三のさえざえとした端正な口調ががっちりかみ合い、かつてない痛快な体験となった。

 近未来の日本。国の社会実験が行われている町で、住民は手の甲にライフログ(生活の記録)や遺伝子情報が…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文785文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]