メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・銭湯ものがたり

わたしの居場所/下 松の湯=銚子市新生町 働き者の亡父誇り /千葉

働き者の父英三郎さんの後を継いだ「松の湯」の勝浦英寿さん。「おやじの息子であることが俺の誇り」と話す=銚子市新生町で

漁師町、かつて「男湯は戦場」

 銚子漁港に三つある卸売場のうち、利根川の最も上流側にある「第一卸売場」から10分ほど歩くと「松の湯」(銚子市新生町)がある。約10年前までは仕事を終えた漁師たちがすぐに入れるよう午前10時半に店を開けていたが、漁師の客は最盛期の1割以下に減り、今は午後0時半の開店だ。ただ、潮風に打たれて体が冷え切った漁師のため、湯温は昔と変わらない44度。店主の勝浦英寿さん(55)は「熱い湯に満足げな様子を見ているとうれしいよね」という。

 勝浦さんの祖父が約70年前に開業した。開店とともに漁師たちが大挙して入店し「男湯はまるで戦場」(勝…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです