メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

保育園で虐待の疑い 補助金不正受給も

籠池泰典理事長=服部陽撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が関係する「高等森友学園保育園」(大阪市淀川区)で、園児に不適切な対応をしていた疑いがあるとして、大阪市は近く、児童福祉法などに基づき保育園に立ち入り調査する方針を固めた。一方、この保育園が勤務実態を偽り、運営補助金計約1000万円を不正に受給した疑いもあり、市は調査を始めた。

 保育園は、籠池氏が代表を務める社会福祉法人「肇國舎(ちょうこくしゃ)」が運営。市の関係者などによると、決められた時間内に給食を食べられない園児に対し、椅子の上に給食を置き、正座して食べさせるなど、虐待を疑わせる行為があった可能性があるという。こうした点を確認するため立ち入り調査の実施を決めた。

 一方、高等森友学園保育園は、常勤で園の運営管理に専従する園長を置いた場合、国と大阪府、大阪市が支給する補助金「所長設置加算」を2015年度に約563万円、16年度が約510万円の計1073万円を受給した。保育園の園長を務めているのは籠池氏の夫人だが、夫人は森友学園が運営している塚本幼稚園(淀川区)でも副園長として勤務している。

 国の通知によると、園長が勤務時間中は園の業務に専従することにより補助金を受給できる。市は今後、保育園の出勤簿などを確認し、補助金の受給要件があるかどうか調査。職員配置を含む全体の運営に問題がないかも調べる。【念佛明奈、岡崎大輔】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」
  2. 韓国 人気アイドルが自殺か SHINeeメンバー
  3. 福井・あわら市長 「キス相手」を告訴へ 恐喝未遂容疑で
  4. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
  5. 児童手当 所得制限、世帯合算へ変更検討へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]