メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェンジ!

「生きる力を伸ばす」園舎造り(2) あえて段差 けがも経験

インタビューに応じる日比野拓社長=神奈川県厚木市飯山で、坂根真理撮影

 子供にけがをさせないよう最大限配慮した“過保護”な園舎設計に一線を引き、あえて段差や死角を取り入れた「子供の生きる力を伸ばす」園舎作りを目指す設計事務所「日比野設計」(神奈川県厚木市)。園舎作りにかける日比野拓社長(44)の思いを聞いた。【生活報道部・坂根真理】

 10年前、会社3階にある社長室で、当時社長だった父満さんと口論になった。父は「(子供たちの)けがを無くすのは(設計者として)当然だろ」と、息子の拓主任(当時)に語気を強めた。その声は、下の階にいる社員にも聞こえるほどだった。

 「そんなのおかしい。絶対に子供のためにならないし、そんな事でけがをする子供は少ない。子供たちがもっ…

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2142文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  4. プラスチック危機 つながる海、牙むくゴミ(その1) クジラの体内から29キロ
  5. 風知草 学べば朽ちず=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]