メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェンジ!

「生きる力を伸ばす」園舎造り(2) あえて段差 けがも経験

インタビューに応じる日比野拓社長=神奈川県厚木市飯山で、坂根真理撮影

 子供にけがをさせないよう最大限配慮した“過保護”な園舎設計に一線を引き、あえて段差や死角を取り入れた「子供の生きる力を伸ばす」園舎作りを目指す設計事務所「日比野設計」(神奈川県厚木市)。園舎作りにかける日比野拓社長(44)の思いを聞いた。【生活報道部・坂根真理】

 10年前、会社3階にある社長室で、当時社長だった父満さんと口論になった。父は「(子供たちの)けがを無くすのは(設計者として)当然だろ」と、息子の拓主任(当時)に語気を強めた。その声は、下の階にいる社員にも聞こえるほどだった。

 「そんなのおかしい。絶対に子供のためにならないし、そんな事でけがをする子供は少ない。子供たちがもっ…

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2142文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]